はっきり発音する方法

英語に音がいくつあるか、知っていますか?

英語には、全部で60の音があります

英語ネイティブは、この60音をはっきり区別することで、間違いのないコミュニケーションをしています。

日本人の発音が通じないことがあるのは、主に、音の区別ができていないためです。音の区別ができていないと、聞き手は混乱します

わたしたち日本人も、60音の区別を知れば、英語をはっきり発音できるようになります。

はっきり発音の秘密、公開中(画像をクリックすると開けます)。

 

発音の意識転換、しましたか?

発音学習、目標何でしょうか?

日本人の場合、どうしても「ネイティブのような発音」を目標に据えてしまいがちです。

でも、「ネイティブのような発音」って一体どんな発音でしょうか?

「ネイティブのような発音」を目標にすることには、弊害があります。

第1に、効率の良い学習が難しくなります。理由は、「ネイティブのような発音」の定義が不明瞭だからです。具体的に何を勉強するか、計画が立てにくくなります。その結果、ネイティブの発音を聞いて真似する、慣れるように頑張る、という取り組み方になり、なかなか効果を上げられません。

第2に、国際社会でスムーズに通じる発音を身につけるのが困難になります。理由は、そもそもの目標が「コミュニケーション」になっていないためです。

コミュニケーションのツールとしての発音を身につけるために、意識の転換が必要です。

 

目標を変えてみましょう。

正確で、わかりやすく、丁寧で、聞きやすく、喜ばれる発音を目標にしてみましょう。

すると、やるべきことがはっきり見えてきます。

それは、英語の60音を整理することです。

ネイティブがやるように、60音をはっきり区別すれば、英語を正確、明瞭、丁寧に話せます。

これをすぐに行える方法があります。

英語の60音マスター・プログラムです。

英語の60音マスター・プログラムは、日本人の発音矯正のために、2年半の研究によって作られた英語の60音の学習コースです。

英語コミュニケーションに重きを置くなら、ぜひプログラムを活用して、英語の60音を学んでおきましょう。

英語の60音マスター・プログラムの詳細を見る