“doughnut”(ドーナツ)の正しい発音、知ってますか?

こんにちは。

さて、今回のポイントはつづりの ou と、gh です。

doughnut ←赤いところ

 

まず、ou は、アルファベットの o と同じように読まれます。

すなわち、[オゥ]と読まれます!

英語には「礼儀正しい母音(polite vowel)」と呼ばれるルールがあって、

母音が2つ並んだとき、後ろの母音が前の母音に譲ることになっています。

そこで、ou の場合は、u さんが o さんに対して「わたしは遠慮しますから、どうぞ。」と言っているわけです。

それで、ou は[オゥ]と読まれることになりました。

 

さて、gh ですが、gh はこの単語では読まれません。すなわち、無音になります。

問題は、どうしてか

gh には、長い音の後ろにつくときは無音になるというルールがあります。

英語ネイティブは、アルファベット読みの o[オゥ]を、「長い音だ」と感じます。

一方、アルファベット読みしない場合の o 、たとえば hot(熱い)の o[オ]を、「短い音だ」と感じます。

そこで、doughnut では ou が長い音なので、gh は無音になります。

 

さあ、doughnut の発音をやってみましょう!

分解すると

d[ドッ]+ ou[オゥ]+ gh[読まない]+ n[ヌ]+ u[ア]+ t[トッ]

で、まとめると

ドォゥナットッ]!です。

ou のところに強勢(強く読む部分)があるので、[ドォゥ]のところに力を込めましょう

 

ちなみに、英語ではパン生地のことを bread dough 、クッキー生地のことを cookie dough 、ケーキの生地のことを cake dough といいます。

つまり、dough って「生地」っていう単語なんですね!

ドーナツって、dough と nut がくっついてできた語なんですね。

 

上で説明した ough のつづりと発音は、こんな語にも使われています。

though(~だけれども)

 

自分で(発音を)見極められるようになるべき

上で解説した発音方法は、ネイティブが普通に使っているものです。

英語のつづりは、ちゃんと音を表しています

つづりを読み、発音を明確に見極める技術について、まとめて【図解】しています。↓↓

このサイトのトップへ