「ありがとう」がちゃんと伝わる”Thank you”の発音のコツ

大切な、”Thank you.

心が伝わる発音はあるのでしょうか。

 

気持ちを伝えるコツ

ネイティブは、Thank you. を丁寧に言うとき、全ての音を丁寧に言うこに心を配っています。

ネイティブに、Thank you. をゆっくり丁寧に言われた経験はありませんか?

これを日本人がやるときのコツは、th をゆっくり、長く発音することです。

どうしてかというと、日本人の弱い呼気では、th は聞こえづらいからです。

ゆっくり、長くすることで、th をはっきり発音できます。

 

th と thank you

th は、①舌の上に溜めた空気を、②舌と上の前歯の間から押し出す

ことで生まれる空気の音(空気の漏れる音)です。

この空気の音が、相手の耳に届くように

Th~~ank  you.

と、th をゆっくり発音します。

-ank に移行する前に、ぐっと我慢して、th を長く保ちます。

必ず、「空気の音」を自分の耳で確認します。

 

練習ができたら、ネイティブの前で実践してみてください。

心が伝わるのを実感できると思います。

もちろん、心をこめて言いましょう。

 

はっきり発音はコミュニケーションの命

ネイティブは、はっきり発音することを大切にしています。

実際、それがネイティブのきれいな発音の秘密です。

どうしたら、はっきり発音できるのか。まとめて【図解】しています。↓

このサイトのトップへ