tear(涙)のearと、beer(ビール)のeer、発音は同じ?微妙に違う?

今回のポイントは、earやeerなどの発音に迷わなくなること、です。

 

では問題です

下線部の発音は…

A. 全く同じ?
B. 微妙に違う?

tear (涙)
beer (ビール)

 

答え

「A. 全く同じ」が正解です。

 

どうしてわかるの?

次の語の下線部の発音を考えてみましょう。

tea (お茶)
bee ((虫)ハチ)

下線部は、両方ともアルファベット読みの e[イー]と読まれます。(以前解説した「礼儀正しい母音」というルールによります。詳しくはこちら。)

この下線部の後に r を付けると、語が次のように変わります。

tear (涙)
beer (ビール)

最初の問題の2語になりました!

つまり、ear, eerというのは両方ともアルファベット読みの e[イー]に r が付いたものです。

アルファベット読みの e + r = [イァ~]

というわけです。

 

発音の注意点

[イァ~]は、前述したように e[イー]+ r という成り立ちの音ですが、発音には注意が必要です

[イァ~]の最初の[イ]の音は、少し口の緊張を緩めてあいまいに言いましょう。そうすると、[イ]が少し[エ]に近くなります。

すなわち、

[イァ~]は、やや[エァ~]に近く聞こえる音です。

 

英語に1つしか無い

[イァ~]という音は、英語に1つしかありません。

つまり、どんなつづりであっても、[イァ~]と聞こえる限り同じ音です。

here(ここに) や、pier(桟橋)の下線部も同じ音で読まれます。

 

英語の読みは日本語の読みよりも覚えることが少ない

英語の音は全部で60音しかありません。(フォニックスで数えた場合。)

[イァ~]は、その60音の1つです。

つまり、[イァ~]と同じように、他の59音も覚えてしまえば、いつでも、どこでも、自信を持って英語を発音することができるようになります

日本語には「あいうえお表」を単純に数えただけで100以上の音があるので、

それに比べると、英語の60音は少ないものです。

英語の読みは、よく知らないと複雑に感じますが、実は結構シンプルです。

 

60音とは?ネイティブ発音の秘密、公開中↓